保健師さんのための上手な転職方法

保健師の仕事は男性は不利?

保健師の仕事は看護師の仕事も兼ねており、女性が大きな割合を占めている職業です。大体の割合で言うと 9割がたは女性、残り1割が男性という割合です。現状男性の保健師というのはとても少なくなっています。 ただ、保健師の求人を見ると、性別を限定している求人というのはむしろありません。

男性でもその能力やスキルによって採用が決まるというケースがほとんどです。 保健師の仕事というのは力仕事があまりなく、病気の方や病気の予防をするという仕事内容から、優しさが 大きく求められる場面というのもあります。

そういった場面ではやはり女性の方が患者さんに安心感を与えやすい というのはあります。特に子供の保健指導などでは男性の保健師だと悩みを打ち明けにくいとして、抵抗があるという母親の方もいます。

ただ、最近では保健師の仕事も多様化しており、力仕事が必要になるというケースも出てきています。最近 増えている在宅での介護の仕事では、患者さんが動けない事も多く、身の回りの物を運ばなければならない時もあります。

このような時に、男性の保健師がいて助かった、という例もあります。また、前立腺がんの患者さん などの看護の仕事の時にも、やはり男性の方が向いていると言えます。 これまでの看護業務や健康指導という所では女性の方が有利な時もありますが、それ以外の場面で男性が有利になってくるという事も今後は増えてきます。

知識をとても深く持っていたり、力仕事が必要になる場面を想定して動くなど、女性とは違う面での経験を多く持っていると、今後保健師の仕事の幅が更に広がってきた時にチャンスが来る事もあるでしょう。

女性と同じ立場で仕事をするよりも、男性だからこそ役に立てる事はないかと考えながら仕事をしていく事で、 あなたの経験も増えていき、必要とされる人材になっていけると思います。男性が少ない今はむしろライバルが 少なく、運が良いと捉えて、保健師としてのキャリアを積んでいきましょう。

↑ PAGE TOP