保健師さんのための上手な転職方法

業務内容によって違う保健師のスキルアップ方法

どんな仕事でも資格を取得したり、 知識をつけることでスキルアップすることができます。 保健師も同じくスキルアップすることができます。 しかし、保健師は所属する企業や事務所によって 業務内容が変わってきますので、 それによってスキルアップの方法は変わります。

例えば、企業に務める産業保健師の場合は 「産業カウンセラー」という資格を 取得することでスキルアップに繋がります。 以前は公的資格でしたが、現在は民間資格となっています。 産業保健師とは企業に務める従業員の健康管理が 主な業務であり、従業員のメンタルケアも行います。

社会人経験のある人ならわかると思いますが、 働いているとストレスがたまってきます。 近年続く不景気、そして消費税増税、職場の人間関係など 様々なストレスの要因となることがストレス社会を 増大させており、精神的な病を持った人々が増え続けているのです。

そのような人を減らすためにも、産業保健師は従業員の カウンセリングを行わなければなりません。 そこでメンタルケアの向上のためにも産業カウンセラーは 産業保健師にとっては有効的な資格なのです。

資格をとることで、知識を得ることも出来るようになります。 カウンセリングは主に従業員の話を聞くことから始まります。 産業カウンセラーの資格をとることで相手の話を よく聞き、そしてコミュニケーションをとることの出来る 良い聞き手となることができるようになるのです。

産業保健師以外にも、行政に務めている保健師ならば、 健康運動指導士という資格でスキルアップができます。 健康運動指導士とは、各自治体にある保健所や 健康センターなどで、地元の人々に、 健康的な運動面を指導する人で、身体を動かすことが 好きな保健師にはおすすめの資格です。

養成講習会を180時間履修または養成校にて講座を 履修すれば試験が受けられるようになります。 因みに全単位数は120単位ですが、保健師の場合は 61単位が免除されますので59単位履修すれば 健康運動指導士の試験を受けることが出来きるようになります。

保健師には様々なスキルアップ方法がありますので 自分に合った方法を見つけ出してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP